マイナス金利で住宅ローンはどうなりますか?

最近は住宅ローンの金利が下げ止まりしていたところに、日銀のマイナス金利政策が発動されました。マイナス金利後の住宅ローンの金利はどうなるのでしょうか?

マイナス金利で住宅ローンはどうなりますか?

住宅ローン金利

日銀・黒田総裁ののマイナス金利政策によって、数少ない恩恵を受けることが住宅ローンの金利低下です。

民間銀行はお金を日銀に預けると損をするので、その分を企業や個人への融資にまわすという流れになる見込みです。

ということは、銀行間の融資競争も激しくなるので金利は下がる傾向になります。

まさにこれからが近年稀にみる住宅ローン低金利時代が到来するかもしれないということです。

今の時点でも貸出金利は下がってきています。
 

しかし、ここ数年の金利低下傾向により、インパクトのある金利下落とまではなっていません。

おそらく金利は下がるけど、そこまで大きく下がることはないというのが大方の予想です。

その中で、最もメリットを享受できるのは住宅ローンの借り換えです。

株価下落による株安や景気の先行き不安によって、資産運用も難易度が上がっています。


一方で住宅ローンを以前の高い金利で借入れしている人は、住宅ローン借り換えで返済額を確実に減らすことができます。

もちろん「残債・残り返済期間・金利差」によって異なりますが、金利差が1%以上あれば多くの人がそのメリットを享受することができるでしょう。

今まで低金利が続いていた住宅ローン金利も、マイナス金利政策が終われば一転して利上げする可能性もあります。

マイナス金利政策が発動されているこのタイミングこそが、住宅ローン借り換えの最大のチャンスです。

諸費用や審査の問題もありますが、銀行に行けば借り換えシミュレーションをしてくれます。

費用を差し引いてどれくらい返済額が減らせるのかを試算してくれるので、いくつかの銀行をまわってみるといいでしょう。

銀行によって金利も事務手数料などの諸費用も異なるので、金利比較だけでなく必ず総返済額の比較をすると失敗がありません。

 

タイミングをみて住宅ローンの借り換えを行うなら

住宅ローンの契約

生活状況の変化などで、住宅ローンの借り換えが必要になることも珍しいことではありません。

固定金利だったものが変わることもあり、これからも住宅ローンの借り換えは行われていくといえます。

ただし、いつでもいいというわけではありません。

きちんとタイミングをみて判断しなければ損してしまうこともあり得ます。

金利に関する情報を集めてみて、上昇する可能性があれば一度検討してみるとよいです。


ただし、慌てて変えるのではなく計算を行い、返済額がどう変わるのかを想定しておくことを忘れてはいけません。

現在は、住宅ローンの計算も手軽に行えますので多くの情報から判断することが必要です。

金利が変わるというタイミングで行うことも多いですが、収入次第では借り換えが必要になることもあります。

収入が変われば、返済が楽になることもあれば苦しくなるにもなります。

必要な住宅ローンも変わるのは当然のことですが、いきなり変更できるとは限りません。

少しでも変動する可能性があるならば、早めに準備を進めておくとよいです。

最適のタイミングを逃さないためには、前もっていろいろ調べておくことが必須です。

知っていれば、間違っているか正しいかの判断をすることができます。

どちらか分かれば、判断するまでに時間がかかってしまいスムーズに物事が進まないことも多いです。

銀行に関することから少しずつ調べていき、様々な要因を考慮していけば問題なく決めることが可能です。

 

住宅ローンを借り換える相談相手の選び方

住宅ローンの相談相手

住宅ローンの借り換えを検討するのであれば、今よりも良い結果が得られる相手に相談する事が大切です。

借り換えとは、金利を含む条件の良いローンに変更する事で、住宅ローンにも当てはまる方法といえます。

また、借り換えが成功する事によって、住宅ローンの負担は大幅に軽減する事が出来ます。

どれだけ軽減可能かは、現在契約しているローンであったり、変更先の住宅ローンとの差によって違いがあります。

ただ、力強い味方になる話相手であれば、大幅な負担軽減結果を狙う事も可能になります。

誰に相談を持ち掛けるかは、人によって大きく異なりますが、大抵は住宅販売業者に話をする事が一般的です。

しかし、リスクを含めた説明が丁寧なのは銀行、客観的に比較出来るのはネットとそれぞれ長所と短所が存在します。


一方、ネットの情報は信ぴょう性が問題なので、最後は自己判断が必要になる事が欠点です。

相談相手を選ぶコツは、住宅やローンに関する情報に精通していて、客観的に説明出来る事が条件になります。

更には、悩みに対して親身になってくれる点にも重要性があります。

住宅販売業者や銀行員は、商品やサービスの販売者と顧客の関係になるので、必ずしも親身になってもらえるとは限りません。

ファイナンシャルプランナーは、最も客観的なアドバイスが行える妥当な選択と考えがちですが住宅に関する知識が乏しい事がデメリットです。

ローンの悩みを打ち明ける相手は、一人に絞り込む必要はないので、複数の相手から意見を取り入れながら決める事がポイントです。

住宅ローンの借り換えについてはコチラから